アオダイのブログ

主に子供2人との日常

2022-01-06から1日間の記事一覧

最後の2行で涙

麻生幾さんの小説「観月」 予想外の展開にハラハラしながら読み進め、最後の2行で涙しました。 『そしてその下で、月明かりに照らされた貴子が「塩屋の坂」の上でしゃがみ込んで両手で顔を被い、激しく肩を震わせているのが涼の瞳に映った。』 主人公の母親…