アオダイの子育てブログ

不妊治療を経て2人の子供を授かったアラフォーによる子育てブログ

不妊治療で行ったこと

不妊治療で行ったこと

 

私は妻とともに約10年間の不妊治療期間を経て

可愛い子どもに恵まれた。

 

20代後半から子供が欲しいねと話していた。

中々できないところから、

『タイミング』も取り組んだがうまくいかなかった。

 

もしかしたら不妊なのかもしれない。

まず妻が診察にいった。

〇〇年9月

〇〇レディースクリニック

排卵障害の疑いあり。

多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群。別名PCOS

10日後、同クリニックへ。

卵子をつくる力が最低レベルとの診断。

漢方薬をもらう。トウキシャクヤクサン。

 

5日後、超音波測定を行うために、杉並区の某病院へ。

超音波卵胞測定(卵巣の厚みを確認)。

血液検査(ホルモン値を確認)。

 

約10日後、黄体期ホルモン検査。

翌週、月経時ホルモン検査。排卵誘発剤を摂取

翌週、卵管造影検査

さらに翌週、超音波検査。結果、『無排卵

不妊であることの現実の重さ。

その後、数回

排卵誘発剤は妻の身体に合わなかったのか、嘔吐などの副作用があった。

 

自分は精子検査を受けた。 

奇形率が95%を超えていた

 

妻も不妊で、自分は非常に高い奇形率。

排卵誘発剤は副作用があった。

さてどうするか?

二人で話し合って出た結論は、いったん不妊治療をやめようであった。

 

その数年後、体外受精を行い、無事子宝に恵まれた。

子供が二人いるがどちらも体外受精である。

そしてどちらも30歳を超えてからの治療である。

体外受精についてはまた別に記事を書こうと思う。

 

病院に通っているとき、何が驚いたって通っている人の数。非常に多い。

世間では今の20代、30代は子供に興味がない。欲していないんだという声がある。

または子育てのお金がないから産まないんだと。

お金をあげたら若者はもっと子作りにはげむと。

 

病院で、不妊治療のために、朝から数時間並んでいる人々(自分達含む)を見ていた時、果たして本当にそうなのだろうか?と感じた。