アオダイの子育てブログ

不妊治療を経て2人の子供を授かったアラフォーによる子育てブログ

不妊治療 体外受精の履歴(妊娠するまで)

不妊治療 体外受精の履歴(妊娠するまで)

 

ここでは、体外受精を行った履歴を記録します。

これから不妊治療を行おうかと考えている方の参考になればと思います。

 

体外受精を行うにいたった経緯はこちら↓ 

 

www.aodai2020.com

 

2014年3月〇日初診(私が32歳、妻が31歳)

約3時間(9:30〜12:40)

費用:38030円

(精子凍結2.1万,感染症確認1万等)

精子テスト、尿検査、血液検査等

→結果:濃度1/5、精子奇形率98%

 

3月〇日 生理2日後クロミフェンもらう

4月〇日  土曜

クロミフェン10日目

卵胞17mm

体外受精をするには、卵胞が18mmは欲しいとの事で明日もう一度確認

 

4月〇日 日曜 

卵胞19mm確認できた

 

4月〇日 卵胞19mm確認の2日後

妻:採卵、私:採精。1回目。

43000円(後日の腎臓検査の紹介状込み)

初診時尿検査でのたんぱく(腎臓)について問題ないことが判明できてから移植するとの事で移植は5月以降に。

生理をコントロールするピルをもらう。

 

翌日、無事受精確認。受精卵2個。

さらに翌日、無事2個とも受精卵分割開始。

 

4月〇日 採卵、採精から7日後

受精卵2個とも凍結完了。分割胚(後の長男)と胚盤胞

 

4月〇日 別の病院(内科)で腎臓の検査。問題ないことを確認。

 

4月〇日 39.5万円振込(1周期分)。

 

4月〇日 

生理3日目

フェマーラもらう(5日分)

2周期目開始

 

5月〇日 排卵日確認の検査

5月〇日 5日後、再び排卵日確認の検査

 

5月〇日

胚盤胞移植 採卵、採精から39日後

胚盤胞回りの透明の膜をとる。13%着床の可能性あり。

14万円。

 

5月〇日 胚盤胞移植から7日後

妊娠判定⇨妊娠してなかった

 

5月〇日 

生理3日間

フェマーラをもらう(5日分)

2160円

3周期目開始

 

6月〇日 排卵日確認の検査

6月〇日 翌日、再び排卵日確認の検査

卵胞サイズ21ミリ  OK

LHホルモン(排卵促すホルモン) OK

 

6月〇日 生理から約20日

採卵、採精2回目

(7:45病院入り、9:40採精終了)

採卵1個⇨胚盤胞で凍結予定(後の次男)

奇形率および運動率が少し改善されていた。

10:25診察終了(結果報告)

11:00処置室および会計終了

4万円

 

6月〇日

移植:前回の分割胚を使用

ホルモンが少ないとの事。薬をもらう。

12日後妊娠判定日

移植費用12万円

 

6月〇日

1週間前に採卵した卵が無事胚盤胞まで進み凍結できたことを確認。

 

6月〇日

着床判定日(移植から12日後)

無事、着床!!

 

7月〇日 移植から22日後

胎嚢確認(子宮外妊娠してないか影の位置で確認)

無事、胎嚢(たいのう)を確認。

つわり始まる

 

7月〇日 胎嚢(たいのう)確認から3日後

産婦人科へ。胎児の心臓の音を確認。

妊娠5周6日

10800円(超音波代含む)

 

7月〇日 産婦人科に行ってから1週間後

妊娠キットでも陽性確認

 

7月〇日 産婦人科。超音波検査で胎児を確認。

 

7月〇日 再び体外受精を行った病院に行き、胎児の心拍確認。

 

8月〇日 移植から50日後

最終確認 ⇒ 2.9cmで無事に育っている。手足の動きも見えたとの事

今回で卒業!

 

8月〇日 移植から57日後

産婦人科

胎児の無事を確認。3.6cm。10週3日。

10週目を超えたので流産の可能性はかなり低いとの事。

25300円

 

以上が、体外受精により1人目を妊娠した際の記録になります。

 

 これから体外受精をしようと考えている方、

体外受精の治療をされている方、

本当に不安でいっぱいで大変だと思います。

少しでも記事が参考になればと思います。