アオダイの子育てブログ

不妊治療を経て2人の子供を授かったアラフォーによる子育てブログ

レッドブルを初めて飲んだ話

レッドブルを初めて飲んだ話

 
タイトルのままですが、初めてレッドブルを飲みました。
2006年頃からレッドブルが国内で販売されているにも関わらず初です。
 
私は結構コーヒーが好きでよく飲んでいるので、
カフェインとりすぎになるかなと思い、何となく避けていました。
 
これは飲みやすいですね。
 
せっかく飲んだのでレッドブルについて少し調べてみると、
タイの清涼飲料水を元につくられたとなっており面白いなあと思いました。
このタイの飲み物Krating Daengの日本語訳が「赤い水牛」
 
レッドブル (Red Bull) は、オーストリアRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水である。
タイ人創業者のChaleo Yoovidhya (チャリアオ・ユーウィッタヤー) がタイ王国で見出した Krating Daeng (クラティン・デーン) という清涼飲料水を元に作られた。現在はオリジナルであるタイ産よりも、世界的に展開されるレッドブルの方が圧倒的に有名である。一般的に両者は全くの別物として認識される。

 

レッドブルの公式HPでは、『極東の機能性ドリンクにインスピレーションを受けて』と書かれています。

https://www.redbull.com/jp-ja/energydrink/kaisha

 

カフェイン量

1本あたり約80mgのカフェインが含まれているようです。

コーヒー1杯で60~90mgのカフェイン量と言われてますので、

カフェインが気になる方はコーヒー1杯抑えれば良いかもしれません。

 

レッドブルを飲んで、

次男0歳(約10kg)を抱っこ紐して、

5kmウォーキング。

 

Red Bull Gives You Wings

レッドブル、翼を与える)

 

皆さん本日も良い一日を🌈